骨粗鬆症暮雪淺薄訴衷腸若死

さっき

暮雪、流渓夜寒;

翠黛暗い袖の下を集め、涙を殘して;

花鳥風月、切れ梅香散;

p伊静は聴き、乱れは心の中;

笙歌低マン,骨粗鬆症、碧水の清貧である;

舞紗マスクの目で、徘徊するひらひら;

楊柳は柳が脆、繊は欄干に倚;

P、月の冥雪は暗くて;

淺若死読経切れ夢殘月;

紅楼懐、淺い吟涙顔;

蘭陵揖别、雪が漂う淡然;

pは誓いが少なく、柔らかに絃として絃;

Pは霧が煙にからげる、碧紗は肩;

凌风剣の舞、涙が落ちたり;

三千黒い髪失った俗縁、割れて雪に埋もれてまま、一抹の纤指しわドレスシャツ、冷たい夜プレイバック誓約枯れた涙、誰がともったにぎやかな油ランプが、寒い月下撲滅星の炎.粉雪が散るからないあなたに居住して、集めたり,紅塵俗世、またたく間、誰が誰の名殘を借りますか?

君がくれた非情に続き、名器の便箋はすべて暮れ雪の夜だ.琴のメロディー退去の暖かい、雪の夜に君の傷をかすめて硬直.決して慧根深くて詳しいが、靑白い燈火虔念は離れて、断片は、苦楽哀歓、あなた殘した記憶若水挥剑絶えず.今は雪の中で施粉描翠山々を尽くして軽く、ダンス曲風、まだ君の優しさに.

の風の中でふいてあなたの音信は、心は萌えは、もうなくてあなたをひそめるふくれる軽い一見暖かな胸,淡い振り返って見て、静かにして静かな女子.気にしない紅塵は非、向慕雪月痴酔って、花が咲い谢心ない涙に雪と、雪に素樸な心に対して.

一筋の黒い髪流肩、幻のように倚切れ一面識、静夜見暮雪ひらひら風はフェラチオ、最も忘れないようにあなたの笑顔が.筆使いが要求破墨、軽い展画うちわ、風に揺れる君月下のバインド.案の間に淺く歌で、負傷した詞巻.誰が暗礁に乗り上げた殘篇句段、誰の誓い続けては淺く澄みきっている.

雪が降る流嵐、楚陵溪畔、会いたいのかもしれませんがこの世を楽しむ期.こんな私は素服装紗は、兰阁よう、相敬を伴う.結局は雪が遅い、指先の詩を削除する.夢のように、雪の音、雪の音、雪は、すべての短い.流渓夜は冷たくて、冷たい優しい恋しい思い、任笙歌絶え間も、箏が寒くて絃奏捨てないひと傑物の懐.

兰阶踏破する、小川の水がさらさら、暮雪などの夜淡に行った弱み色目、風が冷たい素付箋、凝った筆硯、琴の長い長い、誰は涙をぬぐい粉?!

p>して誰も<生涯、君は福缘.なぜあっという間、誓いはこんなに崩れ落ちるて!非伊人も言ってい憎怨み、若死化の心を再適わない一筋の凄风の破壊.

碧紗剣の舞、命名香散、雪霧柳もろくて弱い煙が瀋んで、切れ.屏山色遠くて、铅华淺薄化粧、夕闇闌珊、寂しく満ちる身未集め.

互いに忘れる

江湖、言ってはならない