骨粗鬆症手足が冷たいかどうかを解決する

漢方医は、骨粗鬆症、手足が冷たいは主に2種の原因には、最初の身体から虚衰えない暖かい陽、人体、特に、四肢の末端の手足はもっとないの陽の息の暖かいので、出現は全身寒がり、手足が深刻な現象.この様子の人、普段は保温に注意して、特に足、足の保温、下肢が保温することができるならば、全身はすべて暖かく感じることができます.夜寝る前、きっと足湯、足が暑くて、寝つくやすい.食面、牛肉、羊肉、鶏肉、ニンニク、唐辛子、リュウガンなど、機体に耐寒力を高める,媚薬 ランキング.症状がひどくの服用することができ金匮腎臓の息の丸など薬物、腎臓を補って温阳;また、ツボマッサージも手足が冷たい症状を緩和することができます.湧水の穴は土踏まず部に位置して、親指は急速に押して、熱感があることを押して、毎日朝晩は100に揉んて、更にまた各足指100下.腎臓の腎臓の精力、手足が急速に暖かくて.

別の状況は肉体の陽の息は虚が衰えて、血気の運行を招いて、陽の気恥ずかしい滯在中に、手足が達成することができない、冷や冷やの状況.この人は、手足が冷たく、体のトルソ部分は冷たい、暑さに恐れても.このような人は運動を強化するべきで、特に長座や久立の人、仕事の合間にする体操を重視しなければならないし、手足や腰の活動を強化するために、血液の循環を着用しないように、普段の服がきつくて、服を阻害する血液循環してください;飲食には多く食べていくつか持って行ガス、血行をよくすること、気持ちいい解鬱作用食品、例えばサンザシ、バラ、キンカンなどを採用することもできるように気衝穴の方法や手足が冷たい緩和.気衝穴太もも内側に位置する根、この穴の下に一本の動脈.ひとまず揉み気衝穴、後にこすり動脈、松押す交互に行うことで、ずっとこねから湯気に足が下流の感じが良い.

(責任編集:徐晓宇)