骨粗鬆症何かよく赤い目をして

外来診察によく病気朝目覚めて両眼を真っ赤にる.、出勤する時は上司や同僚と勘違いして徹夜して、睡眠不足で、両眼は小白兎のように、一日中红通通の.一部の患者さんは午後あるいは夕方の時、目で一日中外を除いて、疲れ、目も開けガスと赤くなってないにもかかわらず、何も感じない涙あるいは分泌物、かゆみが、赤の両眼を招いて、よく週りの思いやりの目つき、心理が詰まる.何かよく赤い目をしていますか?しばしば仇で会うのか?

に赤い目は眼科外来でおなじみの主訴の一つで、結膜炎は赤い目の最も一般的な原因を問わず、急性あるいは慢性のほか、急性緑内障、急性虹彩炎、角膜上皮損傷および結膜下出血もに赤い目のよくある原因.これらに赤い目の場合は、結膜下出血可視白目には一枚の赤いないが、他の症状のほかに、痛み、視力が衰え、羞明や涙などの特徴は、丁寧に眼科検診が鑑別診断も、一定の治療の方法.しかし、外来患者は多くの患者が、その場合、常に赤い目に苦しみ,骨粗鬆症、どのように多くの結膜発赤、痛みや結膜炎症、分泌物の増加などの現象はありませんか?

眼裂が斑充血は重要な原因は,いわゆる眼裂がマダラと眼翳(翼状の贅肉)は同様な病変、結膜下の組織の退化の増殖と長期、紫外線に関しては、通常のある角膜の両側に下まぶた間眼白露て部位は、現黄色一定ではない形の堆積物、すこ少し際立って、普通はどんな症状があるかもしれないが、もし大話西遊異物感.このような病変が角膜に侵犯して、目の翳と称して.この血管病変が増殖するので、よく、結膜充血退化しやすく、炎症を起こしますので、治療は主には炎症を起こして、一部の薬は血管を収縮させて血の状況改善が、薬効が過ぎて、充血はので、よく感じて目が赤く.根本治療の道は手術で切除して、しかしそれは視力に影響することができなくて通常まだるっこい、非慢性炎症が現れて、でなければ保守治療が主なことを治療します.

乾渋い目にもつながるよく目が赤く、涙液は潤滑目の表面が極重要な成分、もし分泌の涙不足や蒸発が早くて、乾目症状につながるので、潤滑に減らして、目の表面が摩擦抵抗が増え、血管拡張充血しやすい.

p角膜の酸欠も、角膜のまわり血管が拡張し、特に長期的なステルスメガネ.角膜の酸素部は主に大気中から酸素があるので、コンタクトレンズまたは長期瞑る(寝る)、水は大気の酸素にはならない、角膜の辺の血管が拡張して,角膜の中にも、角膜を供給する必要がある、酸素を供給することができます
ペニス増大.だから常に黒目の玉(角膜)の横には赤いのがあります.

皮脂腺の眼瞼腺の分泌が異常と眼瞼付近細菌が繁殖し、分泌された脂肪分は脂肪酸、これらの成分に刺激されて結膜炎症になります.