眠れない骨粗鬆症_ 0

私は寝ていない時,骨粗鬆症、私は乗って私の空間の急行に行って、1つの私とても熟知している地方に来ました!

私は空間にたくさんのものが多すぎる、すべて心の中で訴える、感情の真実が表れている.

私はこの表現の様子が好きで、このように私はもっと良い思い出自分、自分を知っています…私はかつて自分の書いた日記は、はじめから見たとき、私は自分が多いかもしれないが、まるで春の中の1本の苗木が開花できるだろう、と思って、自分の花が咲く前ない木に成長…こんもりの枝葉を伸ばし、狂風で自分の雄姿を,
シリアス.

春の時、苗木は発芽して、吐く矯正する柔らかい緑の葉、靡く、いたずら極.だんだん自分の苗木長のスピードより他の苗木が早い、またしばらくの時間を過ぎて自分は意外な発見の自分のこずえに長花がいっぱいで、花が咲くのは非常に美しく、蝶綴いっぱいこずえ,その香りの香りが漂ってこぼれる花,週りに、だんだんそれはやっと発見自分は一本が成長して高くそびえる大木ではなく、咲いた花一本の木…

はすぐ落ち花碉敗の高殿、殘るのは枯れ木一枝…人はどうしてそうではありませんか?現実には、人は自分のことをよく知って、他人のことをよく知っていて…これは杯具だ…