温かい食べ物を利骨粗鬆症用して体を小寒

寒い中、三伏、暑い、三年は小寒の節季に、小寒は一年中冷たい節気だと言われている.漢方医は寒を陰邪、最も寒い節気も陰邪盛りの時期、飲食の養生の観点から、十分注意して日常の飲食の中で多く食べていくつか温かい食べ物は利点の体、防御寒冷気候は人体に襲われる.

p>日常の食品の中に属する<熱食品は主にマス、唐辛子、シナモン、サンショウなどは温性の食品にもち米、コウリャン米、インゲン豆、ニラ、フェンネル、香菜、羊飼いの財布、アスパラガス、カラシナ、カボチャ、生姜、ネギ、ニンニク、杏子、桃、ナツメ、リュウガン、レイシ、パパイヤ、チェリー、ザクロ、ウメの実、香たる木、仏手、栗、胡桃、杏仁、ヒツジの肉、豚レバー、猪肚、ハム、犬肉、鶏肉、羊乳、鹅蛋、タウナギ、コクレン、レンギョ、エビ、ナマコ、貝、蚶、酒など.特にの提案は、小寒時節が食べ辛味鍋、羊肉の醤油煮の良い時節.

Pは、小寒に適した食事療法を紹介する:

は20グラム、生姜30グラム、マトン500グラム、黄酒500グラム、黄酒500グラム、黄酒500グラム、黄酒500グラム、黄酒500グラム、黄酒500グラム、調味料の適量.マトン、ジンジャー、黄酒、黄酒、黄酒、黄酒と調味料、1~2時間、肉食スープ.が温中補血、寒の作用を取り除くことに適用して、神の疲れがだるい、顔色が靑白く、寒がりの人です.

羊肾紅參粥:鹿肾(または羊肾)いち匹、骨粗鬆症、紅參さんグラム、米ひゃくグラム調味料、少し.羊肾を切って割って、中に内部の白い筋を微塵切り、紅參打を微塵に、米はきれいに洗って、適量の水や調味料、いち時間煮て食べる.精力を補って、益の息がある精髄の役割は、適用弱いです、腰のひざがぐったりして、寒さに弱くて、耳鳴りや難聴、性機能減退などの肾阳不足の人.

胡桃仁餅:胡桃仁(または胡桃)ごじゅうグラム、小麦粉250グラム、砂糖、少しは胡桃仁打を微塵、小麦粉を混ぜ、水適量を加えて混ぜ、ピザを食べる勇気.寒さが腎臓、便秘通便作用、腎臓のびくびくする腰痛に適用して足が柔らかくて、寒さに弱くて、大便です固くなるなど肺腎2虚の人.