手紙は一念の骨粗鬆症間に

事実が多い時はそう、

はあなたの人、とてもあなたの人を愛して、

はとてもあなたを愛しますあなたが思っているほど愛してないかもしれないが,

はあなたを愛し、

ではありません.君が好きじゃないか……

私はたくさんの時私達はすべて負けて私は思っていました.

pは個人的には、容易に.しかし、再び信頼して、容易ではありません.どれだけの心はどの年、涼一粒は一瞬一瞬で.生きている、自分を大切にしなければならない.

人の命には挿曲のエピソードがない.友情も恋も、あなたが来てくれ、私は情熱を抱いて.あなたは歩いて、私は平然として手を放す!私は私のものに属しません、私は要らない.本気で私のものにくれない、私は珍しくない.

P、人も変わって、人も変わっていて.私たちはどのように努力して帰って行っても行かないことはありません.たくさんの時、むしろ誤解されて,解釈もしたくない.手紙と手紙とは、あなたが、その一念の間に.私の人を知って、何で説明することが必要です.

私はこのような気持ちにあこがれて、覚えていません!時々、この世界はとても大きくて、大きいから私達は一生すべて出会う機会がない.時には、この世界は小さく小さく、小さくて、小さくて1頭になったらあなたの笑顔が見える.だから、時に出会って、ぜひ感激します;愛し合う時、ぜひ大切にします;振り返って、ぜひ優雅;挥别時、ぜひほほえみ;から一転,骨粗鬆症、一生二度と会えないかもしれない.