健康食夏はビールの骨粗鬆症十大禁忌

ビール暑気を払って、夏はビールにぴったり.でも、夏にビールを飲む時にも、いくつか注意しなければならない.

1、同じではありません食品を食べて食品

を食べますpはビールを飲むと血液中の鉛が増加、鉛は、食品中の有害物質として発ガン物質と結合します.

P2、同食魚介類

にはPは、大量のビールが大量に飲んで痛風症になる、尿が大量に発生しやすく、尿.その原因は魚介類に含まれるプリン、苷酸二種類の成分、ビールに含まれるビタミンB 1は、この2種類の成分分解代謝の重要触媒で、血中の尿酸含有量が増加します.尿酸が直ちに体外に排出する時、ナトリウムの形式で堆積して、人は痛風あるいは結石を形成することを形成することができて.

p3、白酒は飲みにしないと

飲むによっては、原料も違い、各種酒の成分が互いに溶解できない.ビールと白酒を飲むならどっちが加速白酒中のアルコールが全身に浸透し、肝臓に対して、胃や腸、腎臓などの臓器が強烈な刺激とダメージも影響を体内に消化酵素の発生させ、胃酸分泌減少、加速アルコール中毒.胃痙攣、急性胃腸炎など、脳血管にも危害がある.

4、胃炎の人はビールを飲むべきではありません大量に飲むビールは、慢性胃炎、慢性胃炎者の再飲み、胃出血が、胃出血にもなります.正常な人の胃の粘膜が分泌というプロスタグランジンEの物質で、この物質の作用を調節する胃酸、胃の粘膜を保護し、損害を胃酸.ビールを胃壁胃に入った後、プロスタグランジンE分泌減少.ビールは胃の粘膜刺激、胃の粘膜の損害をもたらして、胃の粘膜充血や浮腫が、食欲減退、上腹膨満.

P5、肝臓病患者はビールを飲むべきではないは、他の酒と同じではない、主にビールにアルコールが含まれ、アルコールは胃腸吸収から体内に吸収し、肝臓など組織器官の代謝が分解されます.あしらい能力が正常で、解毒力が弱く、直ちに解毒作用を発揮でき、アルコール中毒が発生しやすい
ダイエット茶.アルコールも肝細胞に直接損傷し、肝疾患症状が重くなります.