人体はマニュアル3の骨粗鬆症家庭を使う簡易マッサージ法を使用する

私は家で毎日必要な授業をする、家族の間で、簡単なマッサージ.年が多くなって、とても良い効果があると感じて、ここで読者に分かち合います.この方法は、慢性病の慢性病、アレルギー性鼻炎、喘息、乾たむし、各種皮膚病……など、体の体型を変えることができ、脊椎侧彎、過度に肥厚の肩背、臀部と太ももなどを変えることができる.

この方法の重点は毎日途切れないで,毎日して、毎回する効果は1日だけ維持することを維持することを維持します.マッサージ店ではマッサージ、マッサージは数日の効果を維持します.そのため、お家のマッサージは専門の手法が必要でなくて、正確な認の技術が必要でなくて、相関経絡部位マッサージをしてもいいです.マッサージは、一度で10分も必要です.養生の方法は簡単に長期堅持しやすい.

マッサージは頭と背中と手の部に分けて.毎日マッサージの重点は背中の膀胱で、このマッサージの目の,骨粗鬆症、膀胱は経て、さらに全身のその他の経絡を通じて、体全体の新陳代謝を促進します.

髪結い

第一歩:髪をとかす

髪は昔から漢方医の養生は重要な一環として、古代の女性としてよくモクセイ油潤発剤、という格子櫛が、髪を梳く.この方法は有効な養生髪の毛、そして頭の経絡を疏通することができます.

ライン上の督脉と両側の膀胱、頭部の両側には肝っ玉、計5条経絡.

髪の阻隔、手でマッサージしやすいという経絡を手にして.クシで経絡経絡の方向で髪をとかすと良い効果があります.選択適切なくしを大切にしなければならない、最初、頭皮を押さえ、コームの先端に細い枝がない頭皮の刺して、硬すぎないわけにもいかないが鋭い.

毎日五条経絡の方向に髪をとかす.督脉と左右に各1条の膀胱、額際線の後ろに流し、直接髪の生え際から首筋線も分けて2段階梳頭と後頭部.1匹の経絡は毎日百回梳ます
勃起不全.頭部の側面の肝っ玉は,後に、下から梳.同じ毎日の毎日は百度梳.髪をとかすときは頭皮に助けを助ける漢方薬油も、皮膚や皮膚細胞再生の保養品、髪の効果により良い効果があります.この油は化学合成の制品を使って、化学物質が皮膚に侵入しないよう、体のダメージをもたらした.

ぼうこうの起点は目の内側で目尻の目に目じりとしていた.眼や髪の間での額は、刮痧方式の下から上へ吹き、疎通経絡.膀胱が悪い時の目の中のごみが渋滯を排除し、眼圧の高すぎる問題を起こしやすい.利用額髪や疏通刮痧、背中の膀胱、足首下眼」対応補佐マッサージ