ろくヶ月の骨粗鬆症赤ちゃんの下痢になって2週間も菌血症

ろくヶ月赤ちゃんが胃腸炎下痢2週間以上続き、熱を繰り返し、両親は風邪を引いて、検査をしてやっと発見してはサルモネラ菌による胃腸炎合併菌血症治療後、元気回復状況は良好だ.台中慈済病院小児科主任李敏骏主任は、赤ちゃんの抵抗力が弱く、胃腸の保護性の差が発生した場合、胃腸炎以上ご日は必ず保護者を警戒、できるだけ、速医者にかかる.

症状が続くに週末を改善

2月中旬、男の子はお腹、咳、鼻水水を出し始め、胃腸型風邪で熱があると思っています.届けるクリニック、医者にかかる診断も一般ウイルス胃腸炎、俗称の胃腸型風邪が、症状は改善し続けずに、2週間以上続き、お母さんの勘が合わないで、やっと、台中慈済病院小児科受診.

p>細菌散布全身<

に菌血症小児科主任李敏骏

根拠赤ちゃん母親説明,初歩的な判断は細菌性胃腸炎,糞便細菌と血液を育成して、同時にサルモネラ菌、胃腸炎を引き起こすのみならず、細菌がさらに血液循環に従って全身になってすぐに使い菌血症、抗生物質の治療.薬を二,骨粗鬆症、三日、症状の緩和、体温も安定し、回復するのが正常なミルクと付きと、活動力.近十日間で治療が完成し、第二次血液細菌培養、血液中には沙門菌がないとさ.細菌性胃腸炎がよく起きる成人や大きな子供、抗生物質で治療とは限らないが、この男の子は事情が違う、サルモネラ菌は血液の循環を全身に散布し、他の臓器に影響を与える可能性、さらに多重臓器不全と原因菌血症.

p生煮え卵は細菌に染やすい

は、一般に細菌性胃腸炎の発生原因は通常不潔食べ物を食べ、生食ではよく発見サルモネラ菌、特に人の好物湯沸かして水に入れる如し卵、この赤ちゃんにとっては危険です;もし飲用水を煮て処理しない可能性もあるに砂門氏菌感染.

免疫力差易合併

菌血症p> <いち歳さんカ月~いち歳半の幼児の胃腸道発展こそ大人と同様、この段階で前に胃腸保護機構が粘膜に抵抗できない細菌で、細菌が駆け込んで襲われやすい胃腸、さらに浸透腸粘膜、血液の循環を通して全身ので、胃腸炎菌血症は合併が赤ちゃん.また、李敏骏主任は注意して、がん電気療法、化学療法やエイズ患者は、免疫力も弱く、胃腸炎菌血症を起こしやすい合併.