『守護認知症』言語障害譺、コミュニケーションの骨粗鬆症困難

張さんは退職後まもなく、人がおかしくなってしまい、人はおかしくなりませんでした.奥さんは娘に話して、あなたはお父さんは言った話はますます少なくなって、すべて彼が何を思っていたいです.でも子供は定年の後遺症、どのみち過去のものだと思っているので、みんなはこの事を気にすることはありません.

約いち年後、娘は家に帰るお父さんは無口ではなく、話の多くがあまり知らない彼に何も、母の翻訳を探して、多くの時にお母さんの意味も知らないで思うのだが、お母さんというよりは彼が黙ってよく.数ヶ月後、母は突然息子に、彼女は自分で養老院に行って、お父さんは一日中彼女のお兄さん、そしていつも彼女を罵るて、1度で1度の凶悪な.

この問題について、お母さんは先にお母さんに慰めて、お父さん、お父さん、家に住んでいて、2人を見ていて、少し良いことを見ます.父と同居後、息子が早く発見パパ問題はただ疑い深い、まだとても混乱して,骨粗鬆症、彼はいつもわからない時間と場所を探し、そしてご飯を食べたところがものを食べて、多くの現象があるかもしれません表示親父認知問題をネットで調べた後,決めて父は医者.

張さんななじゅう歳までのも無理はない、家族を疑わず彼は認知、特に本来同居の奥さんにはたくさんの習慣に慣れない忘れて、比較的に向かって病と、もし息子ではないが長く観察する機会もあり得ない発見 海外医薬品ランキング.確定診断後は終わって、家族は共に1つの配慮のモードを探し出して、しかしまず彼らの最大の難題は、どうしてお父さんと言いたいです.

張奥さんがろくじゅう出頭、体が悪くなくて,子供を先に申請から決定外国人看護工て家にいて、この事が単はは張さんに叱られましたのがとても長くて、彼は自分の世話をされるため、更に自分が病気だと思わないで、金を払って個人で家にいて、まったく必要ない.その後も息子は介護は彼の子供を見るために、やっと同意しました.

張さんの場合は、ますます深刻で、彼は昼夜逆転疑心暗鬼に加え、幻想、毎日奥さんに違った面倒で、息子の娘も同居を知って、仕方が介護者の苦痛と無力、インドネシアの外国籍の介護は言って簡単な国語、しかし多くの事もやはり彼女が手掛け、彼女が思わず主治医へ文句さんこの不可解な場合は、医師に再開しました1種の精神面での薬物、奥さんと教えたら患者食べは彼に服用して、彼は情緒の安定.

この薬に加えて、張さんの気持ちはやっぱりこれほど怒って、人は静かになって、でも、忘れていることは、まだ、過去には悪態ものではない.張奥さんはこのように感じて圧力が小さい、たまにまた友達と出て午後茶て透透、未来に張さんがどうなるか、彼女が全くわからんでもないがどのように直面して、ただその日暮らした.