骨粗鬆症「こつそしょうしょう」に係わると骨折しやすくなります、骨折は一般に強い外力が加わった場合に起こりますが、骨粗鬆症においては、日常生活程度の負荷によって骨折を引き起こします。ここで骨粗鬆症の原因と予防及び治療を重点として述べます。

骨粗鬆症の症状について

骨を形成しているカルシウム等が減少し、骨の強度が弱くなる病気ですので、初期には自覚症状がありません。骨粗鬆症の進んだ場合の症状は腰骨部が重い感じがして、疲れやすい、痛みがあります。日常のちょっとした動作「体をひねる、物を持ち上げる」や、転ぶ等の軽いけがで、脊椎「せきつい」の圧迫骨折や四肢の骨折を起こす事が多いです。老人は太腿の骨や手首の骨を骨折しやすいです。骨が弱っているため、骨折時の回復が遅いです。骨折が原因で、寝たきりになってしまうこともあります。
骨粗鬆症の原因について
骨粗鬆症を引き起こした主な原因は骨を形成しているカルシウムなどが減少し、骨の強度が弱くなります。閉経期以降の女性及び七十歳以降の高齢者に多いです。他の病気の治療が原因で起こる場合もあります。若い女性が極端なダイエットで十分に栄養を摂取せず、ホルモンのバランスを崩している場合、若くても骨粗鬆症予備軍になることもあります。
生活習慣病はご存知のとおり、食習慣や運動不足などのライフスタイルをおもな原因として起こる病気です。高血圧や脂質異常症、糖尿病などがその代表格として知られており、最近では「慢性閉塞性肺疾患」や、成人の8人に1人が発症していると言われる「慢性腎臓病」なども注目されているところです。中高年になると、「生活習慣病と骨粗しょう症の両方を治療中」という人もおられるでしょう。この2つの病気に関連があると考える人は少ないかもしれませんが、最近では、生活習慣病が骨代謝に影響を及ぼすことが明らかとなって来ています。なかでも糖尿病と慢性腎臓病は、骨粗しょう症と密接な関連があるとして注目されています。
骨粗鬆症の予防について
骨粗しょう症の予防には、若いうちからの対策が欠かせません。思春期に高い骨密度を得ておくと、たとえ中高年になって骨密度が低下しても、実際に骨折するリスクを減らせるからです。日本人女性を対象とした研究では、骨密度が18歳でピークに達することが明らかとなりました。となると、増加のスパートはそれ以前の時期にかかるため、10代前半から骨密度を意識した生活を送ることが重要となります。将来の骨粗しょう症予防に必要なのは、バランスのとれた食事と積極的な運動です。
思春期を過ぎた頃になると偏食やダイエットで痩せようとして栄養が偏りがちですが、食習慣の乱れは健康や発育の面でも悪影響をおよぼします。積極的なカルシウム摂取を意識し、バランスの良い食事を心がけましょう。
中高年における骨粗しょう症の予防では、閉経後の骨量減少を食い止めることが重要です。まずは、適正な体重を維持しましょう。体格指数BMIが低い人では骨折リスクが高まるため、痩せ「低体重」を防止、改善することが推奨されています。
また、食事や運動、嗜好品などの生活習慣も骨粗しょう症に影響を及ぼすことが分かっています。カルシウムやビタミンD、ビタミンK、たんぱく質などを中心にバランスの良い食生活を心がけ、ウォーキングなどの運動を日常的に行いましょう。喫煙や常習的な飲酒は骨折リスクを高めるため、禁煙をし、また過度の飲酒を控えることも、骨粗しょう症予防には効果的です。
こうした骨粗しょう症の予防対策は、中高年になってからでも決して遅くはありません。より良い生活習慣を取り入れて、骨粗しょう症と骨折の予防に役立てて下さい。

オススメ情報サイト

✒「シアリス」は、必ず医薬品の効果効能を充分に熟知した上でご使用下さい。厚生労働省では、日本国内未承認薬の安易な個人輸入に関しては注意を喚起したいとしてます。
✒女性用媚薬の効果というと、やはり性行為の刺激です。女性の性欲を引き起こしたり、性行為感じる度合を向上させたりします、女性用媚薬体験でかくにんされました。
✒シアリスの有効成分・タダラフィルは、水にほとんど溶けにくい性質の為、性行為の3時間前に服用して下さい。
バイアグラは成分により勃起不全を治療する効果があります。そして、性行為を行う1時間前に1錠を服用すると4~6時間程度効果が期待できます。
レビトラはバイアグラやシアリスよりも錠剤が小粒で服用がしやすく、服用後30分前後で効果が表れ、その効果は5時間前後期待できます。